経済学

経済学の学問分野で学べるカリキュラムや将来活躍できる場などを調べて、経済学に関する興味を広げよう。

社会活動の根幹となる「経済現象」を研究する

何が学べるのか

経済学は、景気、金融、貿易などの様々な現象を、経済理論をベースに、政策や統計、歴史や思想など多様な視点から解明。生産、流通、販売、消費、貯蓄といった経済活動の仕組みや法則性について研究する。TPPやFTAなどの貿易問題をはじめ、少子高齢化問題、福祉問題、失業や格差問題、環境問題などの難題を経済の観点から分析、具体的な解決方法を考察する。

経済とは、中国の古典に登場する「経国済民」または「経世済民」を短縮したもの。国を治め民を救済するという意味で、その概念は近世以前の日本にも存在する。経済は、広い意味で政治を包括する、重要な学問であることは間違いない。そして現代でいうところの経済学とは、近代以降に先人が取り入れた西洋経済学を始まりとする、経済現象一般を研究する社会科学の一分野である。

経済学は、経済理論という分野に代表されるように、壮大な演繹えんえき的理論体系がすでにでき上がっており、確固とした、非常にアカデミックな学問である。一方で、日々の営み、人々の経済行為に着目し、人間と社会を研究対象とする社会科学でもある。ゆえに経済学は、時代を映し、時代とともに変化していく側面を持っている。また、経済学は、限られた資源を有効活用し、公平性という社会的正義を広く行っていくために、様々な経済現象を分析する科学でもある。これは経世済民の視点と思想を受け継ぐものであるのかもしれない。

経済学には、理論経済学、経済政策、経済史学などの分野がある。さらに、対象を見る視点をどこに置くかで、マクロ経済学、ミクロ経済学に二分され、対象とする経済現象や分析手法などの違いによって、いろいろな分野に細分化されていく。

一例を挙げると、ミクロ経済学では、企業が最大の利益を上げるために価格をいくらに設定し、どれだけの量を生産し、そのためにどれだけの労働力を要するかを分析する。そこに製品開発費や広告宣伝費をどう設定するかという要素が加わると企業経済学となり、経営戦略や市場調査を含めると経営学に近いものとなる。

経済学系の学部は、経営・商学系までを含めると幅が広い。個々の学部で何を研究対象とし、どのような科目をそろえているか、慎重に見比べて選択したい。

学べる学科

  • 経済学科
  • 国際経済学科
  • 地域経済学科
  • 社会経済学科
  • 公共・環境経済学科 他

気になる授業

上智大学 経済学部 経済学科

産業組織論I

産業組織論の基礎的な考え方や枠組みを学ぶとともに、ミクロ経済学における企業の理論を再確認することで現実の政策に応用できる力を身につける。また、独占市場や独占競争市場などの不完全競争市場について、競争政策の在り方を考察する。

マクロ経済事情

マクロ経済学や統計学の基礎知識を生かしながら、最新の経済統計を観察し、日本の経済事情を考察する。日本経済新聞Web刊「経済指標ダッシュボード」といった各種データを題材に「アベノミクス」「マイナス金利」などの話題を織り交ぜながら、日本経済の現状と課題を分析する。

将来のフィールド

主な活躍の場

銀行・証券・保険などの金融関係 商社 公務員 製造業 など

めざす資格・受験資格など

中小企業診断士 公認会計士 ファイナンシャル・プランニング(FP) 技能士 税理士 日商簿記 証券アナリスト

こちらから大学情報を検索できます。

経済・経営・商分類のその他系統