芸術学・デザイン学

芸術学・デザイン学の学問分野で学べるカリキュラムや将来活躍できる場などを調べて、芸術学・デザイン学に関する興味を広げよう。

表現者、鑑賞者として自分を生かす

何が学べるのか

芸術やデザインは美術館やコンサートホールのなかばかりではなく、住居、家具、コマーシャル、小説、Webサイトやゲームなど、あらゆるところにあふれている。

芸術学系の学部・学科では、美術、音楽、デザイン、映像、建築、染織などの分野で実技を中心に学ぶ。実技を裏打ちする理論や技術を学びながら、実際の制作や演奏などの指導を受けつつ、様々な表現技術を体得し、最終的にはおのおのの個性の表現に到達することをめざす。ほかに文芸、演劇、写真、放送、映像、書道などの分野もこの学系に含まれ、美術や音楽の枠を越えた、様々な芸術表現を理論的知識の修得と作品制作を通じて学ぶことができる。また、芸術事業をプロデュースするアートマネジメントを学んだり、美術史、芸術学や音楽学といった芸術一般について理論を中心に学ぶ学科もある。

デザインを中心に学ぶ学部・学科では、人々や社会が求めるものを知り、現実の生活や社会に役立つものを立案・設計し、実際の制作までを学ぶ。家電製品や情報機器、広告や雑誌、ファッションや舞台、インターネット上のコンテンツなどの多様な分野で、持つ感動や使う喜びなどを感じられるデザインに取り組む。ただし、自己表現や芸術作品を追究する芸術分野におけるデザインとは異なり、自分の感性と技法を生かしながらも、外観や使い勝手をデザインから改善したり、快適性や機能性を高められる実務性のあるデザインを追究する。

近年では、スマートフォンやタブレット端末などの情報発信ツールの普及に伴い、芸術やデザインにおいてもコンピュータを使ったデジタルメディアによる表現が多用されるようになった。新しい技術と伝統的な技術をどのように選択し、融合させていくかは、この分野で学んでいく際の重要なテーマとなる。

時代や地域、社会など背景が変われば芸術の概念も変わってくる。映画や写真やコンピュータも、芸術のために発明されたわけではないが、現在ではいずれも芸術を語るうえでは必要不可欠なもの。また、バリアフリーの建築や環境に配慮した製品の開発など、工学・環境・福祉といった異なる学系との連携も必須である。芸術やデザインに関わる人は常にユーザーの声に耳を傾け、自問し、社会に問いかけ続けていかなければならない。

学べる学科

  • 芸術学科
  • 美術学科
  • 音楽学科
  • デザイン学科
  • 造形学科 他

気になる授業

東京藝術大学 美術学部 デザイン科

デザイン原論I

自然、風土、伝統、文化および素材、技術、情報といった様々な創造行為の基礎基盤として設定されるものについて、視覚、映像、空間、環境など異なるメディアを通して考察。デザインのあるべき原点とこれからのデザインの道筋を学ぶ。著作権についても理解を深める。

ビジュアルデザイン

近年の代表的なデザイナー、印刷や文字の知識、ブックデザインの基本を修得。グラフィックデザインを論理・実践、双方の観点から捉え、総合力の向上をめざす。現場で活躍するデザイナー、ディレクターからタイポグラフィや空間デザインなども学ぶ。

将来のフィールド

主な活躍の場

企業の広報・宣伝部門 デザイナー カメラマン メディア 出版・印刷 建築・インテリア Web制作・映像・CG 学校(教員) 博物館、美術館 など

めざす資格・受験資格など

中学校・高校教諭1種免許 カラーコーディネーター CGクリエイター検定 学芸員 ウェブデザイン技能士 インテリアコーディネーター

こちらから大学情報を検索できます。