水産学

水産学の学問分野で学べるカリキュラムや将来活躍できる場などを調べて、水産学に関する興味を広げよう。

海洋生物資源の生産・利用等を広範に研究

何が学べるのか

日本は、国土が海に囲まれ、湖沼、河川などもあり、豊かな水と水生生物に恵まれている。そのため、食生活や産業資源に関して大きな恩恵を受けてきた。

水産学は、海や湖沼、河川などの水圏から生産される魚介類などの食糧資源の効率的な確保や利用法などを追究している。またその一方、近年問題となっている海洋の環境汚染や海流の変化などに対応し、海流調査など国際性の高い地球規模の研究が進められている。

学問分野は、次のように分けることができる。漁業学・水産資源学は、水圏生物の資源量の推定や管理法、行動特性・生理学的特性を研究し、捕獲する手段・漁法を学ぶ。水産環境学は、生物が存続できるための海洋の生産力維持、環境保全などを追究する。増養殖学は、生物の生命現象の解明、遺伝、成長、病気の研究。さらに、環境への影響に配慮しながら、人工育成や効率よく増産できる技術・方法を学ぶ。食品生産学・製造学では、食品としての水産物の加工・保存・利用・開発・製造などを探究。また、海洋生物から有効資源を取り出し、資源の高度利用について学んでいく。

授業では、実習、演習が重要視されており、練習船による航海・海洋実習や潜水調査実習など、実体験を通して学ぶカリキュラムが充実している。

近年、国際的な漁業規制の強化や漁獲量低下で、「獲る漁業」から「育て、殖やす漁業」への転換が図られており、それに呼応して多様な学科が設置されている。専攻学科によってアプローチの方法は様々である。

例えば、増殖生命系や海洋生物系の学科などでは、バイオテクノロジーを応用した魚の品種改良などが盛んに行われている。海洋環境、海洋生態系の学科では、廃棄物の投棄や干潟の埋め立てによる海洋汚染、それに伴う漁獲高の変化などについても研究が進んでいる。また、生物生産系の学科では、農・水・畜産資源の保護と生産について総合的に学ぶことになる。さらに、水産資源の有効利用という観点から、社会学的・経済学的側面からの研究も行われている。

現代の水産学は、単なる漁業研究だけでなく、海洋における環境と生物資源に関する様々な学問を幅広く学べる学系であるといえる。

学べる学科

  • 水産学科
  • 海洋環境学科
  • 海洋生物環境学科
  • 海洋生物資源学科
  • アクアバイオ学科 他

どのように学ぶのか時間割をチェック

海洋生物だけでなく「海」について学ぶ授業が充実してます

福井県立大学 海洋生物資源学部 海洋生物資源学科 4年
Y・Iさん(岐阜県立岐山高校卒)

3年前期 MON TUE WED THU FRI
1 水産増殖学 食品工学 水圏環境科学 科学英語I
2 生態遺伝学 海洋生物資源情報論 水産資源利用学 藻類生理学 進化系統学
3 保全生態学実習 海洋微生物 生態学実験 食品工学実験
4
5

ひと言コメント

海の生物の生態に興味があり、海洋生物資源学部へ進学。大学では海洋生物の生態や海産物の流通・利用のほか、海と山とのつながり、海流などの環境や漁業に関わる制度など、「海」について学ぶ授業が充実しています。「水産資源利用学」では魚介類の利用や栄養素のほか、旬や非食用利用などを学び、普段食べている海産物のおいしさや栄養の仕組みが理解できるようになりました。また、実験は月曜日から水曜日の午後にあり、十分な実験操作技術を習得できました。特におもしろいと感じたのは、ウニの人工授精の実験。ウニから精子や卵を放出させ、それらを顕微鏡で観察中に受精させながら、ウニが孵化して幼生になるまでを観察できました。

気になる授業

北海道大学 水産学部 海洋資源科学科

海洋環境物理学

海洋中の地球流体波動について、流体の基本方程式を用いて学ぶ。流体力学の基礎、波動現象の基本的性質を身につけ、波動方程式から潮汐現象を、振動方程式から慣性振動を理解し、慣性重力波・沿岸ケルビン波・陸棚波が海洋現象に及ぼす役割を学習する。

水産海洋工学

水圏における生物生産や、資源調査を行う際に不可欠となる船舶や浮体構造物について、風・波などの特性とその影響下で浮体構造物や設備に働く様々な力の性質を理解。「浮体構造物の種類と設備の仕組み」「浮体の静力学」「船舶の操縦性能」などをテーマに学ぶ。

北方生物圏生態科学

水圏生物の特徴や変動要因などを学び、水圏生態系の生産構造と機能に対する知識を深める。各種モニタリング技術についても学び、水圏生物の持続的管理に必要なノウハウを身につける。得られた環境情報を統合的に取り扱うための総合解析理論を修得する。

将来のフィールド

主な活躍の場

水産会社・食品産業・流通・化学関連などの企業 養殖場・水族館・海洋環境調査会社・水質検査会社、漁業協同組合 大学や公的機関の研究職 など

水産会社や食品産業などへ就職し、研究・技術者として活躍している。養殖場、水族館の学芸員、海洋環境調査会社、水質検査会社、漁協なども挙げられる。

そのほか、農林水産省、水産試験場などの水産関連の行政機関、教育研究機関に就職する道も開かれている。

研究職希望者は多いが、高度な知識・技術を求められ、難関といえるだろう。また、大学院への進学者も増加傾向にある。

めざす資格・受験資格など

食品衛生管理者(任用) 食品衛生監視員 水産業普及指導員 中学校・高校教諭1種免許  技術士(補)

こちらから大学情報を検索できます。

学びの最前線を知る!

イマナビ ニホンウナギが絶滅危惧種に指定!!

 土用の丑の日など、「ウナギ」は日本の食文化を代表する食材のひとつ。ところが、そのウナギを食べられなくなるかもしれない危機的状況が迫っている。50年ほど前には日本では年間200トン以上の稚魚(シラスウナギ)を漁獲していたが、現在は10トン台まで激減。天然の親ウナギもかつては3,000トン以上の漁獲量だったが、近年は200トンを切っているような状況だ。輸入していたヨーロッパウナギも資源が激減し、2009年からは野生生物の国際取引を規制するワシントン条約によって輸出が規制されている。

こうした現状から2014年 6 月、IUCN(国際自然保護連合)は絶滅の危機にある生物の情報を載せた国際版「レッドリスト」に、ニホンウナギを絶滅危惧種として指定。レッドリストでは「絶滅」、「準絶滅危惧」、「情報不足」などのカテゴリーがあるが、ニホンウナギは「絶滅危惧1B類」に指定され、「近い将来、野生での絶滅の危険性が高い」と認定された。完全な人工養殖も量産化されていないため、天然の稚魚シラスウナギを漁獲して育てるしかない。現段階ですぐに輸出入が禁止されたり、食べられなくなったりすることはないが、近い将来、ウナギの稚魚の漁獲が制限されたり製品化されたかば焼きが食べられなくなってしまう可能性もゼロではない!?