酪農・畜産学

酪農・畜産学の学問分野で学べるカリキュラムや将来活躍できる場などを調べて、酪農・畜産学に関する興味を広げよう。

家畜動物の繁殖・飼育・利用を追究

何が学べるのか

酪農・畜産学とは、牛や豚、鶏といった家畜動物の生態や遺伝、機能を科学的に分析し、良質で安全な肉や牛乳、卵、乳製品、食肉加工品などをいかに効率よく生産・流通させ、人間の食生活に利用するかを考え、衛生・管理技術と畜産経営、環境整備、さらに畜産生産物の製造方法などについて総合的に学ぶ学問分野である。

酪農・畜産学系を代表する学科には、畜産学科や応用動物科学科などがある。研究内容は次のとおりだ。

応用動物科学科では、動物の繁殖の仕組みや飼育方法を理解し、応用する技術を修得すると同時に、健全な自然・社会環境づくりの実現をめざす。また限りある資源の生かし方、人と生物の共生と再生についての研究も行うなど、この系統の学問分野は現在多様化している。

畜産学科では、動物の成長や生殖の機能分析を通して、個体から、遺伝子やタンパク質などの分子レベルに至るまでの様々な原理を学び、育種・繁殖・飼養技術などを研究する。今日では、野生動物の生態系保存や新たな実験動物の研究、さらに、アニマルセラピーによる癒し効果など、伴侶動物についての研究も行われている。

これらの学科では、生態系保護、飼料作物・草地生産、土地資源利用、農業機械など、畜産をめぐる環境について考える畜産環境系、乳肉資源の生産、高次加工、保存、品質管理、あるいは畜産経営、物流までを学ぶ畜産管理系、バイオ技術の応用からアニマルセラピーまで、幅広い分野での動物応用の専門技術者育成をめざす動物応用科学系などがあり、様々な研究が行われている。

これは、畜産学全体が対象動物としている家畜の枠を越え、ペットや実験動物、野生動物、さらにはバイオテクノロジーを駆使した応用生物科学の領域にまで拡大していることにほかならない。

進化の著しいバイオテクノロジーにおいては、クローン羊やクローン牛、遺伝子組み換え食品などの例からもわかるように、より商品価値の高い動物や加工食品を生み出すために、最先端の技術を導入した研究・開発が行われている。

多様な分野があるだけに、自分の興味のある分野がどの大学の何学科で学べるかを事前に確認し、各大学の教育内容についてよく調べておく必要がある。

学べる学科

  • 畜産学科
  • 生物生産科学科
  • 動物生命科学科
  • アニマルサイエンス学科
  • 生物資源学科 他

どのように学ぶのか時間割をチェック

動物園の飼育員をめざし、動物の行動について学んでいます

北里大学 獣医学部 動物資源科学科 3年
H・Kさん(広島県 私立広島文教女子大学附属高校卒)

3年後期 MON TUE WED THU FRI
1 飼料学
2 応用微生物学 食品衛生学 動物育種学 家畜飼育管理学各論
3 家畜病理学 動物福祉論 細胞工学実習 応用動物行動学実習 生命倫理学
4 食品製造保蔵学
5

ひと言コメント

様々な動物と人の暮らしを学びながら、動物園の飼育員をめざしたいと考えて進学しました。動物資源科学科では、牛や豚、山羊、羊、馬など多くの動物と実際に接しながら、実習することができます。また動物について食や福祉、医療など多様な面から学ぶことができるのも大きな魅力です。例えば、現在履修している「応用動物行動学実習」では、動物の歩行様式が生物の進化に深く関わっていることを学びました。非常に興味深いテーマで、ぜひ研究してみたいと思っています。また現在、動物行動学研究室に所属し、朝夕に馬と犬の世話をしています。ほぼ毎日動物に触れ観察することで、体調の変化や個々の性格の違いなどに気づけるようになりました。

気になる授業

広島大学 生物生産学部 生物生産学科 動物生産科学コース

動物生産サイエンス入門

水域と陸域の動物生産学関連諸分野に対して専門的な基礎知識の修得をめざす。水生生物、家畜・家禽などを題材に、その体構造、生理、代謝などの基礎事項から、生産、増殖、管理、衛生といった応用まで学ぶ。同コースと水産生物科学コース教員とのオムニバス形式で行われる。

動物遺伝育種学

動物遺伝学と統計学を基礎に組み立てられている育種学について、育種対象となり得る形質の遺伝的支配および評価方法を身につける。家畜の選抜方法や交配方法、肉用牛、卵用鶏などの育種法などのほか、DNAマーカーを用いた新育種法についても学ぶ。

動物栄養学

人間生活と関わりの深い各種動物の栄養に関する基礎を修得。動物に摂取されたタンパク質やビタミンなどの各種栄養成分が、体成分や生産物、排せつ物に変換される過程(消化・吸収・代謝)を学ぶとともに、それぞれの栄養素が体内で果たす役割について理解を深める。

将来のフィールド

主な活躍の場

食品産業・畜産業 食品・飼料メーカー 農場、牧場 バイオテクノロジー関連 動物園、動物訓練所 など

食品産業、畜産業、飼料製造、食品製造などが上位を占める。いずれも、バイオ技術や遺伝子組み換え技術を応用できるエキスパートとしての活躍が期待されている。

このほか、観光牧場、動物実験受託機関といった動物を扱った業種や、動物・農業の関連団体、教職などが挙げられる。さらに、官公庁や地方自治体の職員として畜産行政に関わったり、試験場の研究職となったりするケースも多い。

めざす資格・受験資格など

普及指導員 家畜人工授精師 危険物取扱者(甲種・乙種・丙種) 食品衛生管理者(任用)

こちらから大学情報を検索できます。

学びの最前線を知る!

イマナビ 家畜のストレスを和らげる健康管理法

日本のブランド牛の飼育では、マッサージをしたり、温泉に入れたり、屋外に放牧する時間を設けるなどの方法を取り入れているケースが少なくない。家畜のストレス負荷の低減で、肉質も向上すると考えるからだ。

実際、これまで肉や乳などの品質を栄養価やトレーサビリティーなどの点から判断していた消費者も、最近では家畜の育て方にも注目するようになった。家畜を「産業動物」と呼び、工業製品と同等に効率やコスト削減のみを優先させる、過酷な飼育法への反省でもある。動物から「苦痛・苦悩」などをできるだけ排除する「動物福祉」(アニマル・ウェルフェア)という考え方は世界的にも広がっている。例えば、世界三大珍味のひとつであるフォアグラは、ガチョウに脂肪肝になるまで強制的にえさを与える飼育法が動物虐待と指摘され、生産・販売禁止に指定する国・地域も現れている。また、鶏を多段式の狭いオリ(バタリーケージ)に入れたまま飼育する方法は日本では一般的だが、EUでは2012年に禁止され、止まり木や砂浴び場をつけた「エンリッチドケージ」へと移行が義務づけられた。これによって、卵の生産コストは上昇するものの、疾病発生リスク軽減や品質向上により利益は増加するという。生き物である家畜にとって快適な健康管理法や飼育法は、飼育する側にも利益をもたらすのかもしれない。