酪農・畜産学

酪農・畜産学の学問分野で学べるカリキュラムや将来活躍できる場などを調べて、酪農・畜産学に関する興味を広げよう。

家畜動物の繁殖・飼育・利用を追究

何が学べるのか

酪農・畜産学とは、牛や豚、鶏といった家畜動物の生態や遺伝、機能を科学的に分析し、良質で安全な肉や牛乳、卵、乳製品、食肉加工品などをいかに効率よく生産・流通させ、人間の食生活に利用するかを考え、衛生・管理技術と畜産経営、環境整備、さらに畜産生産物の製造方法などについて総合的に学ぶ学問分野である。

酪農・畜産学系を代表する学科には、動物科学科や応用動物科学科などがある。研究内容は次のとおりだ。

応用動物科学科では、動物の繁殖の仕組みや飼育方法を理解し、応用する技術を修得すると同時に、健全な自然・社会環境づくりの実現をめざす。また、限りある資源の生かし方、人と生物の共生と再生についての研究も行うなど、この系統の学問分野は現在多様化している。

動物科学科では、動物の成長や生殖の機能分析を通して、個体から、遺伝子やタンパク質などの分子レベルに至るまでの様々な原理を学び、育種・繁殖・飼養技術などを研究する。今日では、野生動物の生態系保存や新たな実験動物の研究、さらに、アニマルセラピーによる癒し効果など、伴侶動物についての研究も行われている。

これらの学科では、生態系保護、飼料作物・草地生産、土地資源利用、農業機械など、畜産をめぐる環境について考える畜産環境系、乳肉資源の生産、高次加工、保存、品質管理、あるいは畜産経営、物流までを学ぶ畜産管理系、バイオ技術の応用からアニマルセラピーまで、幅広い分野での動物応用の専門技術者育成をめざす動物応用科学系などがあり、様々な研究を行っている。

これは、畜産学全体が対象動物としている家畜の枠を越え、ペットや実験動物、野生動物、さらにはバイオテクノロジーを駆使した応用生物科学の領域にまで拡大していることにほかならない。

進化の著しいバイオテクノロジー分野においては、クローン羊やクローン牛、遺伝子組み換え食品などの例からもわかるように、より商品価値の高い動物や加工食品を生み出すために、最先端の技術を導入した研究・開発が行われている。

多様な分野を含むだけに、自分の興味のある分野はどの大学の何学科で学べるかを事前に確認し、各大学の教育内容についてよく調べておく必要がある。

学べる学科

  • 動物科学科
  • 生物生産科学科
  • 動物生命科学科
  • アニマルサイエンス学科
  • 生物資源学科 他

気になる授業

広島大学 生物生産学部 生物生産学科

動物生産サイエンス入門

水域と陸域の動物生産学関連諸分野に対して、専門分野を学ぶために必要な基礎知識の修得をめざす。水生生物、家畜・家禽などを題材に、その体構造、生理、代謝などの基礎事項から、生産、増殖、管理、衛生といった応用まで幅広く学ぶ。

動物遺伝育種学

動物遺伝学と統計学を基礎に組み立てられている育種学について、育種対象となり得る形質の遺伝的支配および評価方法を身につける。家畜の選抜方法や交配方法、肉用牛、卵用鶏などの育種法などのほか、DNAマーカーを用いた新育種法についても学ぶ。

将来のフィールド

主な活躍の場

食品産業・畜産業 食品・飼料メーカー 農場、牧場 動物園、動物訓練所 バイオテクノロジー関連 など

めざす資格・受験資格など

普及指導員 家畜人工授精師 食品衛生管理者(任用) 危険物取扱者(甲種・乙種・丙種)

こちらから大学情報を検索できます。