獣医学

獣医学の学問分野で学べるカリキュラムや将来活躍できる場などを調べて、獣医学に関する興味を広げよう。

人間と動物の関係を通じて生命科学を学ぶ

何が学べるのか

獣医学科は、獣医師の育成を目的に、農学部、獣医学部などに設置されている。 6 年制で、動物の病気の診断、予防や治療方法など、豊富な実習・実験を通じて学ぶ。

元々、獣医学は産業動物を病気から守ることによって畜産物の生産性を向上させ、病原菌や有毒物質などに汚染されていない安全な食肉や牛乳などを消費者に提供することが目的であった。最近では、動物と触れ合うことで人間の心身の健康を図るアニマルセラピーや、ペットを失ったことで起こる精神的ショック、ペットロスへの対応など、メンタルケア領域に踏み込んだ研究も求められている。

対象となる動物は、牛、馬、豚、鶏などの家畜や養殖魚介類といった産業動物、犬、猫、鑑賞魚、鳥などのコンパニオンアニマルと呼ばれる伴侶動物、マウス、ラット、モルモットなどの実験動物、さらには野生動物、微生物なども含まれ、その種類は実に多彩で、個体レベルから遺伝子レベルまで幅広い。

多数の家畜を飼育するうえで、最大の課題は伝染病の発生である。口蹄疫やBSE(牛海綿状脳症)、鳥インフルエンザの発生など、われわれ人間の生活に大きな影響を及ぼしたことは周知のとおりだ。これらの家畜の伝染病予防に獣医学が果たす役割は大きく、この野は獣医師の重要な職務である。一方で、近年は獣医師の活躍するフィールドも、次のように様々な広がりを見せている。
(1)ペットの高齢化への対応
(2)食品の衛生検査および監視・指導、環境衛生
(3)人獣共通伝染病の試験研究から、動物用・人体用医薬品の開発や研究
(4)野生動物の生態・健康管理・繁殖の研究、および希少野生動物の保護・管理
(5)バイオテクノロジー関連分野における研究

以上のように、医学・薬学・生物学・生化学など、境界領域のライフサイエンスの一部門としての重要性は極めて高い。

また、 4 年制の獣医保健看護を学ぶ学科もある。高度化する獣医療の現場で、予防・診断・治療にあたる獣医師をサポートする、獣医学に精通した動物看護師などの獣医療技術専門職の育成をめざす。

学べる学科

  • 獣医学科
  • 共同獣医学科
  • 動物看護学科
  • 獣医保健看護学科
  • 動物生命科学科 他

どのように学ぶのか時間割をチェック

午前は座学、午後は実習のカリキュラムが特徴です

大阪府立大学 生命環境科学域 獣医学類 3年
C・Mさん(国立 大阪教育大学附属平野高校卒)

3年前期 MON TUE WED THU FRI
1 毒性学A 獣医薬理学A 食品衛生学A 放射線生物学
2 獣医科学英語 獣医病理学A 獣医生理学C 獣医繁殖学A
3 獣医病理組織学実習 獣医微生物・ 免疫学実習 獣医微生物・ 免疫学実習 獣医薬理学実習 獣医生理学実習
4
5

ひと言コメント

小動物臨床獣医師の仕事にあこがれて獣医学類を志望しました。 3 年次前期は、毎日午前中は座学の講義で、午後には実習があります。どの実習も 1 班 5 人程度に分かれて、試行錯誤しながら協力して取り組んでいます。例えば「獣医生理学実習」や「獣医薬理学実習」では、薬物による生体の反応について教科書で学んだことなどを、実験を通して理解することができます。実習後は、実験結果から考えられることを先生と学生とで意見交換してレポートを仕上げます。レポートは先生が丁寧に添削してくださるので、回数を追うごとにしっかりした考察ができるようになると感じます。 1 学年約45人なので先生との距離が近く、授業後はよく友人と質問に行っています。

気になる授業

日本獣医生命科学大学 獣医学部 獣医学科

獣医学概論

獣医学の役割と全体像を把握することを目標に、獣医学、獣医療、獣医師に求められる獣医哲学を学ぶ。獣医史学では、人類と動物の関係における獣医事の歴史的考察と、日本の獣医学教育史を学ぶ。獣医師の国際貢献、社会的必要性などについても理解を深める。

動物心理学

様々な動物種を比較することで、動物の行動メカニズムを探り、動物に共通するメカニズムを理解するとともに、その種にある特有の行動を理解する。動物園の飼育動物の行動傾向や、飼育環境が行動にもたらす影響について検討するために、多摩動物公園での観察も行う。

生産動物臨床学I

牛をモデルに産業動物臨床の基本事項と特性、産業動物における各種疾患の病態、原因、診断法および治療法を理解。疾病予防と生産性の向上に必要な予防法について学ぶ。口腔や食道、胃、腸といった各部位のほか、子牛の下痢についても理解を深めていく。

将来のフィールド

主な活躍の場

動物病院 動物園 官公庁の獣医職 畜産・酪農業、食品・製薬メーカー など

獣医師養成課程の卒業者は、動物園、動物検疫所、保健所、衛生研究所などの獣医師、それ以外は動物相談のカウンセラーや獣医看護関係の職が多い。

民間企業では、動物病院、畜産、乳業、飼料、食品、製薬メーカーなどへの就職が一般的だ。家畜に関する高い専門知識や経験が買われ、バイオ技術を生かした製品の研究・開発をはじめ、医薬品開発や新食品の開発など、幅広い分野でスペシャリストとしての活躍が期待されている。

めざす資格・受験資格など

獣医師 ペット栄養管理士 家畜人工授精師 食品衛生管理者(任用) 種畜検査員 認定動物看護師

こちらから大学情報を検索できます。

学びの最前線を知る!

イマナビ 深刻な動物の殺処分問題

日本全国で飼育されている犬は約992万頭、猫は約987万頭(一般社団法人ペットフード協会調べ<2015年10月現在>)。犬猫だけで2,000万頭近い飼育数は、ペットブームの象徴でもある。一方、日本の15歳未満の子どもの数は約1,605万人(総務省統計局<2016年 4 月 1 日現在>)。なんと日本は、子どもよりも飼育されている犬猫のほうが多い“人口構成”となっている!?しかも少子高齢化時代の到来とともに、犬猫は家族やパートナーとして存在感を高めつつある。

その一方で「82,902」という数字がある。犬猫の引取りからの殺処分数だ(環境省統計<平成27年度>)。負傷犬猫の殺処分も含めると、92,656頭の犬猫が殺処分された。ほとんどの自治体が採用する二酸化炭素による殺処分方法は、麻酔作用もあるため、安楽死に近いとされる。ただ現実は、ガス室に追い込まれ、ガスの注入とともに次第に静かになっていく…。

ドイツでは、犬や猫の殺処分数はゼロ。神奈川県動物保護センターに収容された犬猫の殺処分数が、2014・2015年度にゼロになった例もある。家族としての動物。あなたは、その生命に、どう向き合いますか?