食文化・食品経済学

食文化・食品経済学の学問分野で学べるカリキュラムや将来活躍できる場などを調べて、食文化・食品経済学に関する興味を広げよう。

総合的な視点で、食とその生産を研究

何が学べるのか

ユネスコは2013年、「和食」を「自然を尊重する日本人の心を表現した食文化」と評価して、無形文化遺産に登録した。また近年、地産地消運動やスローフード、過食症や食物アレルギーなど、食に関する話題は連日報道されており、「食」の文化的・社会的な側面に大きな注目が集まっている。

食文化学は、食を取り巻く様々なテーマに対して、食品化学や栄養学などの科学的知識を活用しながら、食の歴史・伝統、習慣やライフスタイルといった文化の視点から食を総合的に研究する。食文化の在り方は世界各地の文化や人々の価値観の形成に大きな影響を及ぼしている。例えば、日々の食事を通じて礼儀作法やマナーが形成され、良好な家族関係も維持されることで、各地域の文化の基盤となる。味覚の評価にビッグデータを応用するなど、「食文化」を軸にした新しい研究も進んでいる。

食品経済学は、農水産物の生産から食品の加工、流通、販売、消費まで、食に関係する問題を経済学や経営学の視点から研究する。具体的には、生産地での食材の状況把握から始まり、流通経路、食品メーカーでの製品開発、外食産業の現状、さらに食品廃棄物の処理や再利用法など、食に関する様々な領域を研究する。食品経済学では、経済学や経営学の基礎理論、マーケティングなどの手法を食品の問題に応用しながら、法学、社会学、歴史学などの人文・社会科学系の学問との連携を重視する。世界的規模で農産物の貿易が行われる現在、様々な議論を起こしているTPP、世界貿易機関(WTO)体制下での自由貿易原則やその例外規定なども学び、食糧安全保障の問題も考える。開発途上国が直面する食糧不足などを解消するための農業開発も研究テーマとなる。

この学系の特色として、活発な演習・実習・フィールドワークが挙げられる。農家からのヒアリングや農協・市場で流通の実態調査を行い、分析結果を報告書や論文にまとめる。外食産業などの現場でのインターンシップを行う場合もある。新しい食文化の担い手をめざし、食の6次産業化プロデューサー、フードスペシャリスト、フードコーディネーターなどの資格取得を支援する大学もある。常に現場を意識しながら、国内外における食品の生産・流通・消費に関わる経済問題に取り組んでいる。

学べる学科

  • 農業経済学科
  • 食料資源経済学科
  • 食料農業システム学科
  • 食品ビジネス学科
  • 地域創成農学科 他

気になる授業

東京農業大学 国際食料情報学部 食料環境経済学科

食品マーケティング論

マーケティングの概念や方法に関する基礎知識の学習を通じて、マーケティングの仕組みを理解し、マーケティング的な考え方を修得。工業製品などを対象にした一般マーケティングのほか、食品や農業関連のマーケティング活動事例、農産物の商品特性や流通特性なども学ぶ。

食品産業論

わが国の食を取り巻く環境において、食品の製造・卸売業者、外食企業、輸入商社などがどのような行動をとり、わが国の「食」と関わっているかをフードシステムの視点から理解する。また、残留農薬問題などの食品安全問題についても理解を深める。

将来のフィールド

主な活躍の場

JA全農などの農業団体 食品メーカー 飲食・酒造メーカー 食品の製造・流通・販売、外食産業 など

めざす資格・受験資格など

日本農業技術検定 普及指導員 農業協同組合監査士 中学校・高校教諭1種免許 フードスペシャリスト

こちらから大学情報を検索できます。