農業工学・森林科学

農業工学・森林科学の学問分野で学べるカリキュラムや将来活躍できる場などを調べて、農業工学・森林科学に関する興味を広げよう。

自然環境と農・林業との融合を探る

何が学べるのか

日本の農業技術は、安定品質と安定供給を目標に、作業の機械化や施設整備、あるいは長年にわたる耕地の改良や保全などで、農業の近代化を飛躍的に進めてきた。その一方で、農業従事者の高齢化、農村の過疎化など、日本の農業は危機的な状態にあるともいわれる。また、地球規模での環境破壊や気候変動、それに伴う生物多様性の危機など、難しい問題に人類は直面している。

農業工学はこれらの問題の解決をめざし、農学と工学を連携させる学問であり、農業土木分野と農業機械分野、さらに環境関連分野などの視点から研究を進める。農業土木分野は、主に土地の有効利用と水資源の開発・利用などをテーマとしている。いずれも限られた空間や資源をどう生かしていくかがポイントとなる。従来の効率一辺倒の開発ではなく、自然との共生をめざす農村社会づくりという視点からの取り組みが進められている。農業機械分野では、トラクターやコンバイン、スプリンクラーなど、生産に使われる安全で効率的な機械や設備の開発が中心テーマとなっている。最近は、農業ロボットなどメカトロニクスを駆使した研究も盛んに行われている。ビッグデータを活用した効率的な栽培法の開発、小型の無人機ドローンを農業に活用する実験なども始まった。また、環境関連分野では、資源の有効利用と生態系の保全という面から農業の在り方を考察する。

林業は、自然を舞台とする産業の代表的な存在である。森林科学は、自然環境としての森林や、森林に生息する動植物について研究するとともに、森林を資源と捉え、人間との関わりを見つめながら、森林資源の産業活用と管理・保全について学ぶ。森林は、多様な生態系を育む場であり、建築資材や紙の原料を産出する場としても、人間に大きな恵みをもたらす。しかし、ひとたび森林が失われると、その回復には長い年月を要する。大量伐採による熱帯雨林の減少が地球温暖化の主要因とされる現在、地球環境に深く関わる学問としても注目されている。地形・地質学や土壌・気象学など自然科学的側面に加え、経済・経営学、社会学といった社会科学的側面からのアプローチも行われ、森林と人間が共存できる方法を探究している。森林科学は、森林の保全・育成と産業振興の2つを大きな柱とする、複合的・学際的な学系といえる。

学べる学科

  • 生産環境工学科
  • 資源生物科学科
  • 森林科学科
  • 環境資源科学科
  • 生物環境科学科 他

気になる授業

宇都宮大学 農学部 森林科学科

木材組織学

木材を材料として考えた場合の基礎としての木材の組織・性質を学ぶ。木材を構成する細胞の種類、形および構成など、樹種識別の拠点となる解剖学的特徴を把握し、針葉樹材および広葉樹材の種による違いを理解できるように基礎知識を身につける。

森林生態学

森林を構成する個体レベル以上の生物集団を対象に、それを取り囲む環境との相互関係についての生態学的な見方を学ぶ。森林の分布と環境、樹木の生活史、森林群集のかく乱・再生など森林動態の諸過程を学び、森林生態系の構造と機能を理解することをめざす。

将来のフィールド

主な活躍の場

官公庁・公的機関 建設会社 JAグループ 設計コンサルタント会社 製造業 環境関連産業 など

めざす資格・受験資格など

食品衛生管理者(任用) 環境計量士 森林情報士 林業技士 樹木医 測量士補 技術士(補)

こちらから大学情報を検索できます。