農学・農芸化学・生命科学

農学・農芸化学・生命科学の学問分野で学べるカリキュラムや将来活躍できる場などを調べて、農学・農芸化学・生命科学に関する興味を広げよう。

バイオ技術の進展で多様化する領域

何が学べるのか

人口爆発による食糧危機、地球環境の悪化がもたらす農産物への影響、食の安全など、農業を取り巻く問題は山積みで、新技術への期待は高まっている。

長い歴史を持つ農学は、品種改良により、栽培植物の生産性や品質の向上に大きな役割を果たしてきた。同時に、遺伝や染色体解析など、生物学の面でも様々な成果を上げている分野であり、実学研究と基礎研究の両輪で成り立っている。砂漠地帯の緑化、低農薬での安定栽培、ビル内でも野菜生産を可能にする植物工場、宇宙での食料生産技術など、新しい農学への挑戦は話題が尽きない。

近年は、研究対象が資源や生命科学、環境学、開発など多様化しており、農学科という名称から生物生産学科や農学生命科学科、生物資源環境学科など、研究の方向性を具体的に示す名称への変更や学科改組する事例も多い。農産物の生産・品質向上につながる科目と生物学を基本としながらも、環境保全や都市計画、アグリビジネスなどの分野までをカバーし、学際的傾向を強めている。

このような広がりを見せる農学系学問のなかに、農芸化学がある。農業生産に関わる多様な問題を化学によって解決することをめざす学問分野で、生物学や生命科学とのつながりが深く、食糧、医療、工業、環境問題など、応用される分野も多彩である。研究領域は幅広く、例えば、石油に代わる再生可能エネルギーとして食物や微生物などを利用するバイオマス発電、微生物の力で自然に還る生分解性プラスチックの開発などがある。

「21世紀はライフサイエンスの時代」ともいわれ、生命科学分野に大きな期待が寄せられている。農業分野にも最新の技術が導入・実用化されている。遺伝子の組み換えや編集による病害や害虫に強い品種の育成、クローニングによる大量培養など、最先端の研究が進められている。

この学系では食品科学科、応用生物化学科、生命科学科など、研究目的に合わせて様々な名称を用いる傾向がある。しかし、いずれも遺伝や繁殖、生殖、物質代謝など生物の持つ機能を科学的に解析し、人間生活に役立てることを目的とする。生物生産や加工、廃棄・再生といった問題に対し、バイオテクノロジーの観点から取り組むことも多く、生命の尊厳や生態系の保全に対するものの見方・考え方を身につけることも重要になっている。

学べる学科

  • 農芸化学科
  • バイオサイエンス学科
  • 園芸学科
  • アグリビジネス学科
  • 生物資源科学科 他

気になる授業

千葉大学 園芸学部 園芸学科

果菜栽培論

トマト、キュウリ、メロンといった主要果菜類の来歴、生理生態的特性・栽培学的特性・経営的特性などについて学ぶ。養液栽培、接ぎ木、苗生産、植物工場など関連する栽培技術についても、画像情報や実物サンプルを参照しながら理解を深めていく。

農業気象・環境学

作物生産の形態としてフィールド(露地)農業と施設農業を対象に、それぞれの気象環境を学び、環境と作物生産の関係について知識を深める。気候・気象と作物生態系の相互影響を理解し、作物生産のための気候資源の利用法を考察する能力を身につける。

将来のフィールド

主な活躍の場

農業関連企業 食品産業 食品加工業 飲料・酒造メーカー 医薬品・化学関連企業 など

めざす資格・受験資格など

測量士補 日本農業技術検定 グリーンアドバイザー 樹木医 普及指導員 食品衛生管理者(任用) 毒物劇物取扱責任者 

こちらから大学情報を検索できます。